ウラジオストクの街の声は参考にならない

最近よく話題になる北方領土問題に関係する記事でした。安倍首相が提示したロシア極東における経済協力について、ウラジオストクの街の声を中心に、前向きな発言が記載されています。

これを読むぶんには、領土問題についての交渉が日本側に有利に進むのではないかと、期待する人もいるかもしれません。しかしロシアを知るほとんどの人は、ウラジオストクに住む人々の考えが、現在のロシア政権に反映されることはまずない、ということをよく分かっています。

そもそも、極東ロシアと首都モスクワ周辺では気質も国民性もまったく違います。別の人種といっても過言ではありません。モスクワ周辺に住む人は、ザ・ロシア人です。ロシアという国、文化、言語に誇りを持ち、周りを寄せ付けない雰囲気を出し、アジア諸国を、また極東ロシアに住む人々さえも下に見ています。

かたや、ウラジオストク周辺の極東地域の人々は、貧しい中でもにこやかで温かく、アジアの人々に対しても友好的です。当然住む地域によって、北方領土問題に対する見方は異なります。北方領土返還、誇り高いモスクワ周辺に住む人々にとって、それはありえないことです。

記事を読んで感じた感想は、ロシア極東政策がまるで功をそうしているかのような、この度の政策を支持する軽い記事に思えました。

記事元:Yahoo!ニュース
「中国、韓国より日本が大事だ!」ロシア極東で安倍首相を絶賛する声が続出 日露経済協力は活発化するのか?
9月10日(土)15時5分配信

吉田さんには感謝の言葉しかないです

リオオリンピックの女子53キロ級のレスリングの決勝で金メダルが確実視されていた吉田沙保里さんが、負けてしまい、銀メダルになってしまったことで吉田さんが試合後に号泣されていました。

吉田さんは日本人選手の主将として、必ず金メダルを取らないといけないという使命を持っていたようで、インタビューの時に、「ごめんなさい」と謝罪しながら泣き崩れていたとのことです。

私も、多くの日本人同様、今回のオリンピックで誰が金を取るかと聞かれたら、真っ先に顔が浮かんだのは吉田さんです。

そして、決勝に行くまでの彼女の他の試合を見ても、その気持ちは変わりませんでした。
でも、考えてみたら、相手の選手だって決勝まで残った選手ですから、強いのは当たり前です。

それに、吉田選手ご本人は4度目の金メダルが取れなくて、非常に無念だったとは思いますが、国民に謝る必要は全くないと思いました。

日本人の代表として、あれだけ活躍してくれている吉田さんを責める人がいたら、そのずうずうしさにびっくりします。

世界で2番の強さだってすごいことです。大抵の人は学校で一番になることですら難しいのですから。吉田さんは、申し訳ないなんてどうか思わないで欲しいなあと思います。私は彼女には感謝の言葉しかうかびません。吉田さんにはゆっくり休んでもらって、心と体を癒してもらいたいです。

記事元:Yahoo!ニュース
【レスリング】号泣!吉田「ごめんなさい」決勝で敗れる…女子53キロ級銀
8/19(金) 5:52配信

女子は複雑

こないだ
お家でハロウィンパーティーをしたのです。
男の子は
魔女ハットかぶって
マントつけて
お気軽なもの。
杖でももたせれば
戦いごっこして楽しんでるって感じ。
一方女子は
「アナ雪がいい」だの
「ラプンツェルがいい」だのなかなかうるさい
ようで
わざわざこの日の為に
買いに行ってたようで。
一人の子は
アナ雪のエルザ
もう一人の子は
アリス。
アナ雪の女の子は見た目が本当に
子役みたいでかわいいので
衣装を着るとさらに可愛くて
ついつい「かわいいねー」って言ってしまうほど。
もう一人の子も
可愛くないわけではないけれど
やっぱりエルザの子程ではなくて。

お写真とろうってなったとき
エルザの子が
エルザ用のつけ毛を出してきたのです。
その時、アリスの子の顔色がガラッと変わった
のを私はみのがさなかった。
その髪飾りは私はない…
なんとなくだけど
やっぱりやきもち焼いたのかなと
思ったら
アリスの子が号泣して
お写真撮らないといって拗ねてしまったのです。
一緒にいたママも、アリスのママも
原因よくわからないっていってたけど
私はすごくうらやましがりだったから
分かる。
でもこういうのも乗り越えていかないと
世間はそんなに甘くないぞと
ちょっと切なくなった瞬間でした。

糖質オフでもカロリーあるで

ビール飲んでます。
糖質70%オフ。
口にした時
うん?ちょっと味が人工的?と。
けれど全然飲めます、まだ。
こないだ
カロリーゼロ、
糖質ゼロ
プリン体ゼロだったかな
のどごし生の新製品を
飲んだとき
「なんじゃこりゃーーー」
(松田優作)
美味しくなさ過ぎて笑ってしまった。
ここまで求めるならもう飲むなって(笑)

けれど
どんどん
「よりホンモノの味に近くても
カロリーオフや糖質オフにできるか」の
技術はすすんでいいっているのでは?と。

毎日晩酌する方にとっては
こういうオフ的な表示は
ありがたいことなんだろうけれど
たまに飲む派
そう、私みたいに
悲しいことがあった時
ものすごくうれしいことがあった時
羽生君がいい演技をした時(笑)
そういうやや特別なときに
飲む人にとっては
ちょっと残念な味であることは
間違いないかと。

一度
プレミアムモルツや
エビス
を飲んでみて。
その味を覚えてしまうと
もうオフ系はまずい!って思ってしまうのね。
時と場合で飲み分けが一番
懸命ってことかと。

鍵が好き。

息子の今のブームは
自転車の鍵をかちゃかちゃすること。
2歳児か?と
ツッコミ入れたくなる。
しかもたちが悪くて困っている。
とにかく
誰のどの自転車でもそれを試みるので
いつか鍵を紛失しないか心配でならない。
自分のならいいのだが
ママ友さんの自転車の鍵を
平気で断りもなく
かけては鍵を手にして
また鍵を開けてという繰り返し。
何度怒ってもやめない。

そんなある日
いつもの自転車での送りの時に
息子の座席に自転車の鍵が載っていた。
それは姑の自転車の鍵だった。
昨日庭で遊んだ時にしたのだろう。
このままもし気づかずに
送っていたら
途中で鍵をどこかに落としていたかもしれない。
もう…いい加減にしてほしい。
姑は絶対に何をしても怒らないから
まあまあという感じだったが
とにかく頭にきた。
送りの間中ずっと
「いいかげんにして。そんなことして
もし鍵をなくしておこられるのはママなんだよ」
と。
どうだろう、理解してくれただろうか。
いくら理解していても
やりたいからやるんだろうし。
ほんとに早くブームが終わってほしいわ。

雑誌にチケット抽選はがき

羽生君が表紙にしたら
雑誌は何でも売れると思ってるでしょ?
出版会社さん!?
そうですよ、そうですとも
彼の表紙だとどうしても
中身が気になるし
ついついポチってしまうんですよ!
人の弱みにつけこんだ
ひどい仕打ちです。

話を冷静に戻すと
とにかくこの9月から10月にかけて
雑誌の発売数が半端ないのです。

今の時期は
アイスショーのまとめや
今季についての抱負などのインタが多いかな。
でも今回
ぴあから出た雑誌は
「全日本フィギュアのチケットの抽選販売を
申し込めるはがきつき」
?うん?どういう意味?
チケットが当たるの?
いや、そんなことはないだろうと思い
よくよく見てみると
「専用はがきでチケットを買える権利が
抽選で当たる」

ふうん
先に日本で行われる
NHKフィギュアスケートの
チケットの激戦をみて
そんなことするんですね。
雑誌を何とかして買わせたいのですか?
あまりにもひどいやり方に
言葉がありませんでした。
もちろん買わなかったです。
薄い本なのに変に高かったもの…

あー足元見られてる感が
とても嫌だけどまさにその通りっていうのが
本当に悲しいわ…

下位選手の滑りを見る事の大事さ

私の大好きなフィギュアスケートシーズン到来。
ほぼ毎週
試合が世界のどこかで
開催されている。
こないだなんか
国内で2試合
海外で2試合の4試合の実況報告が
SNSであがってきていて
なんのこっちゃ
きちんと把握するの大変でした。

そして
まだ大きな国際大会でないので
まだまだこれからという選手が
たくさん出場してくるのですよ。

特にジュニア選手13歳から19歳かな
成績下位選手の滑るを見てると
世界ランキング上位の
選手がいかに難しいことを
簡単にやってのけているかが
とてもよくわかります。

スピン一つにしても
よろよろだったり
ジャンプして入るのはいいけれど
よろけたり
回転遅かったり。
なので地上波で流れる
トップ選手の技術力のすごさよ…

でもニュースで取り上げるのはジャンプばかり
ジャンプだけじゃないのよ
スケートの採点するところって。
ルールのわかりにくいスポーツ。
仕方ないかあ。
男子受けもしないしね。
いいのいいの、私が好きだからそれでいいの…

さて、今週末は真央ちゃん復帰戦だぞ!
みんな注目―っ(笑)

お詫びって大事よ…

いくら家族でもよ
待ち合わせ場所に遅れてきたら
謝ろうよ。
謝ってから言い訳しようよ。
それは、家族だったらいいの?
仲良しだったらいいの?
気が回らないってことで
済むのかな?
それは
その人の常識の物差しを
あてがって一人で腹立ってしまってるってことなの?
っていろいろ考えてしまう。

結局は
忘れてしまったり
流してしまうんだけどね。

私の母は本当に謝らない。。
こないだも
待ち合わせの場所がわからない
地下鉄に乗るのは慣れてないから
と。
慣れてないなら慣れてないなりで
人に聞くとか
準備をするものだし
わからないから
分かるところまで来てほしいとか
ちゃんと言うべきだし。

とにかくどこ?わからないの一点張りで
結局は電話しながら
私が探しに行ったという…
お店の予約時間にも遅れるし
それについても何の一言も謝罪なし。

ね、一言
ごめんね。
その後言い訳して。

誕生日なのに

先日は私の誕生日でした。
もう誕生日に
これかってあれかってなんて
いうの
はずかしいというか
もういいや、どうせ家計からでしょ?
ほしいときにほしいもの買うからいいやっていう
夢もロマンもなくなる
まあそれが結婚生活というもので。

でも、ちょっとショックだったというか
そこはもうちょっと気を遣ってほしかったというか
そんなことがあって。

旦那がケーキを買ってきてくれるということで
息子と義父母と楽しみに待っていたのだけど
買ってきたケーキが
ずっと一点張り、同じもの。
季節のフルーツがドーム型にがっつり
乗ったタルトなのです。

そしてこのタルト…
とてもぼろぼろ食べにくくて
あんまりなのに…
息子が果物が乗ってるのをみると
喜ぶから、ただそれだけで買ってきてるのですよ。
私がタルトとかパイとかクロワッサンとか
THEバターっていうの嫌いって
伝えてるはずだし
毎回食べてる家族も
この下のタルトがもそもそして
いまいちだなあと
思ってるはずなのに。
なぜ私の誕生日までこれ買ってくるのか…

心にしまっておきたかったけど
今度意を決して旦那に文句いってみることにしよう。
だって主役が食べたいモノ買ってくるのが
筋でしょうが、ね。

謎のシミ

もう運動会の練習が
毎日続いているそうで
夏服登園はもう来年までさようなら。
ずーーーっと体操服登園。
体操服姿の息子はかわいいから好きだけど
2枚しかない体操服上下の消耗が激しい。
そして
なぜかいつも謎のシミをつけて
帰ってくる息子。
今回は
オレンジが赤か分からないシミ
結構な広さで
でもまあまあ薄かったので
普通に洗濯機で洗ったら
落ちるかなと甘く見ていたら…

全然
落ちてなかった…

ああ、面倒だ、手洗いウタマロコース。

40度くらいのお湯が一番汚れが落ちるそうなので
やかんにお湯を沸かして
浸け置き荒らししてから
ウタマロ様に頑張ってもらいました。

まあ、ウタマロさんはいい仕事するね。
あっという間にもみ洗いで
汚れはほとんど目立たなくなりました。

それにしても
この謎のシミはいったいなんだ?
聞いてみてもきっと
よくわからない答えしか返ってこないから
聞くだけ無駄なので
今度お迎えの時に
担任の先生に聞くことにしようっと。
ああ、体操服
あと1年半だけど
新しいの買おうかなあ…